本文へスキップ

静岡県磐田市で不妊治療を中心とする産婦人科(生殖医療)西垣ARTクリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0538-33-4455

〒438-0078 静岡県磐田市中泉1-6-16「天平のまち」ビル2F

不妊検査infertility inspection

一般不妊検査

当院での一般不妊検査を以下のようにに示します。

  1. ホルモン採血;LH・FSH・PRL・E2
  2. 子宮鏡※
  3. 子宮卵管造影(HSG)※治療的効果もあり
  4. 卵胞計測(経膣エコー)
  5. ヒューナーテスト(PCT、性交後試験)※治療的効果もあり
  6. ホルモン採血;P・T
  7. 精液検査
  8. クラミジア抗原
  9. 子宮頚ガン細胞診
  10. 抗精子抗体(ASA) ※採血
  11. 抗ミュラー管ホルモン(AMH) ※採血(卵巣予備能力のチェック)
  12. 甲状腺機能採血※;TSH・fT4
  13. 空腹時(食後2時間以上)採血※;血糖値・インスリン値

検査には月経周期いつでもできる検査と、周期のある一定の時期に行う検査があります。

  1. 月経5日以内にホルモン採血(LH・FSH・E2・PRL)を行います。卵巣機能の評価と高PRL血症がないかを調べます。
  2. C.月経終了後、排卵までの間に行います。子宮鏡では子宮内腔の異常(ポリープ・癒着・筋腫・形態異常など)がわかります。子宮卵管造影(HSG)では卵管の通過性がわかります。通過性が認められた場合、HSG後は卵管の通過がよくなり、妊娠しやすい状態となります。
  3. 経腟エコーで卵胞発育の状態を見ます。卵胞径が18〜20mmを超えると排卵が近いと判断できます。
  4. 排卵直前で頚管粘液(おりもの)が増加している時期に性交渉をもち、半日以内に検査しま す。顕微鏡で精子の数・動きを調べ、良好か不良かを判断します。良好なら人工授精(AIH)は必要なしと判断します。不良の場合は精液検査や抗精子抗体採血をしたり、AIHを検討し ます。
  5. 高温期の5〜8日目にP(黄体ホルモン)とT(テストステロン)を測定します。黄体機能不全がないかがP値でわかります。
  6. H. I. J. K. L. M. 月経周期のいつでも測定できます。
  7. ASA(抗精子抗体)がある方は体内での受精が困難なので体外受精の適応となります。
  8. AMH(抗ミュラー管ホルモン)採血で卵巣の予備能(卵巣に卵子がどのくらい残っているか)を調べ、治療方針・期間を検討します。